・内科・胃腸内科・肛門外科・小児科・外科

おかもと医院 お問合せ

胃十二指腸潰瘍

ピロリ菌や非ステロイド性抗炎症薬(痛み止め)、胃酸などによって、胃や十二指腸の粘膜が傷つけられ、粘膜や組織の一部がなくなる病気です。

胃部の痛みや不快感、膨満感などの症状が起こります。
出血すると吐血や黒色便が出現し、さらに進むと穴があいて(穿孔)腹膜炎を起こしてしまいます。
ただし、症状の全くない場合もあります。

診断は、問診や胃カメラ、超音波エコーなどにより行われます。
img_consultation06
胃潰瘍は、形態が胃がんと似ているために、組織検査をして確認することが必要です。
さらにピロリ菌が見つかった場合は、除菌を行うことが勧められます。
除菌により症状がなくなり、再発の危険性が非常に低くなります。


治療には、胃酸の分泌を抑えたり、胃の防御機能を強める薬が使われます。
多くは、薬の服用で治すことができますので、早めにしっかりと治療することが大切です。
img_consultation_info01
お問合せはTEL: 0438-97-6252
苦痛の少ない楽な胃カメラ検査 おかもと医院